事業承継
事業承継

→業務案内へ戻る 

  • 事業承継を考えているんだけど・・・
  • なにから準備すればいいのか分からない・・・
  • 後継者を決められない・・・
  • 従業員に承継をするとき注意する点は・・・
  • M&Aを行う際のメリットとデメリットは・・・

などお気軽にご相談、お問い合わせください。


< 事 業 承 継 >

 
事業承継とは、会社を現在の経営者から後継者に会社事業と会社資産を引き継ぐ形で譲渡することを言います。事業承継にはいろいろな種類や手法、考え方があり、行なう前には事前に十分な検討や方向性などを考える準備をする必要があります。

 

 事業承継

 

− 事業承継の種類 −

 

親 族 へ の 承 継


親族への承継は事業承継としては一般的と言えます。この場合、現在の経営者の親族の方を、比較的早い段階から企業の重要なポストにおき、社内外で後継者として認知されることによって事業承継を円滑に進めることができるでしょう。現経営者の地位を引き継ぐと共に、発行済株式数の過半数以上を併せて継承することが望ましいと考えられます。


従 業 員 へ の 承 継


これは一般的に、親族への承継が難しい場合に考えられる方法です。実績のある社員が後継経営者となることで、事業の継続性を保つことができるでしょう。ただ、後継者の資金的な問題から、会社の株式を買い取ることが出来ない場合が多いのですが、現在は種類株式の活用で、経営権だけを分離・共有できるようになっています。


M & A


M&Aの場合は、会社そのもの(株式)を売却することになります。そのため、経営者の視点から見ると、譲渡先も含め選択の幅が大いに広がります。現経営者に売却収入が入り相続税の対策が必要となりますが、大切なことは企業の価値を高めることであると言えます。


事業のすべてを承継するのか、又は一部は売却するのか?後継者はお決まりですか?

株主・株式の対策は進めていますか?時期はお考えですか?

企業によって状況は様々です。遠い先のことと考えず、強い企業を継続していくために、ともに事前の準備から始めていきましょう。

お問合せ
秋山勉税理士事務所
〒113-0033
東京都文京区本郷1-33-21
ニューアート本郷401
TEL:03-5615-8491
FAX:03-5615-8492

メールでのお問合せ
 
 

サイドバー_トップ
サイドバー業務案内
サイドバー事務所紹介
サイドバー_代表挨拶
サイドバー_交通案内
サイドバー_ブログ

サイドバー_リンク
サイドバー_税務会計ニュース
サイドバー_今月のお仕事
サイドバー 
サイドバー_旬の特集
サイドバー_書式集
サイドバー_採用情報
サイドバー_メールマガジン
サイドバー_お問合せ
サイドバー_プライバシポリシー


メールマガジン登録

【秋山勉税理士事務所LINE@】

スマートフォンの方はこちら

友だち追加

パソコンの方はこちら
LINE QRコード